LEDの工事はおまかせください

永健堂TOP-PAGE

LED工事

ご存知の通り、最近のLED照明は多種多様です。価格や消費電力だけで購入すると、確かにコストダウンとなるのですが、同時に業務効率も下がってしまうことになりかねません。長期にわたり使用する照明となりますので、明るさや色合いなど現場に合った選択をするために、是非お手伝いさせてください。

蛍光灯や水銀灯からLED化のステップ

1.現場を拝見します
○照明の種類と本数
○安定器やスイッチの場所
○高所作業の要否など
○お客様のご要望確認(取り外しや移設、追加など)

2.提案書を提出します
○必要なLEDの種類と本数
○工事内容提示(手順、時間、日数など)

3.売買契約です
○売買契約を締結
○希望工事日の確認
○保証内容の確認等

4.LED化工事を行います
○工事内容の再確認
○着工
○工事終了確認

5.効果の確認を行います
○2ヶ月後の検針票で効果を確認します。効果が大きければ、電力会社との契約を小さくできることもあります。
※提案書までは無料ですのでじっくりご検討ください。

LEDの効果が大きく望める環境とは?

電灯の種類

・蛍光灯にグローランプがついている(FL表記)のが旧型なので一番大食いです。パカパカっと点灯するやつです。次にラピッドタイプ(LFR表記)で、比較的省エネなのがHfタイプです。40wや32wなどがあります。大型店舗でよく見られる長いやつは110wタイプです。これらが18wや15w、長いのは50wになります。厳密には安定器も不要になるので、そこで消費される分も削減できます。
この他にもダウンライトやペンダント、シーリング、コンパクトと多くの種類が溢れてきています。ほとんどの環境に適応できるようになってきました。
・水銀灯は蛍光管と比較すると250wや500wといった大電力が消費されますが、これらもLEDになると50wや125wなどがあります。天井から吊るすタイプは球交換がいらなくなるだけでも楽になります。またバラストレスタイプの場合には安定器工事が不要なので交換するだけで済みます。

点灯時間

・常時点灯している電灯を見直すことがカギです。例えば
 事務所(残業が多いと1日12時間は超えてしまうのでは?)
 看板(営業中のサインとなるので昼間もつけているお店は多いです)
 作業場(水銀灯や蛍光管は常時つけっぱなしです、当然ですが)
 店舗内(当然点灯です)

使用年数

・蛍光管器具の中には安定器というものがあります。これが古くなると消費電力が上がり、発熱量上昇で最悪発火する恐れがあります。10年を超えた器具は交換すべきなのですが、LEDに交換すると安定器が不要なので、器具はそのままで安全に使用できます。水銀灯も同様です。器具内にあることはほとんどありません。近くに設置されています。

LED化提案書のご案内

・環境情報をいただければ無料で提案書を作成いたします
 ○電灯の種類と個数
 ○現場写真

こんなご要望にもお応えします

・LEDはあるので取付工事
・照明器具の移設工事
・エアコンあるので移設取付工事
・コンセントやスイッチの追加
・漏電調査
・容量オーバーでブレーカーが落ちるので再配線工事

などなど、電気周りは何でもご相談ください。

はやりの節約ツール

電子式開閉器

電気の遮断を安全な時間で遮断できるブレーカーを使用して、契約容量を数段階下げます。すると基本料金を大幅に削減できます。

高効率反射型蛍光灯

明るさが同じで消費電力を半分も削減できる最新の照明機器です。

デマンド監視

高圧契約の基本料金は、年間の平均ではなくピーク値が基準なので、これを注意するだけで大幅削減となります。

デマンドコントロール

デマンド監視に制御機能をつけたもので、設定したピークを超えそうになると自動的に消費電力を抑えます。

お問い合わせ

ファックス    
検針票に電話番号を記入してFAXいただければ簡単な電話インタビューでおおよその削減価格を提示できます。
043-312-2892

メール
検針票をメールに添付してお送りください。
info@eikendo.co.jp

その他何でも下記よりお問い合わせください。^^

お名前*
メールアドレス*
内容*

a:281982 t:19 y:27

外部リンク集

千葉の相互リンク募集 - 自動登録の都道府県相互リンク集。千葉県のwebサイトなら審査なしで即登録可能。

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional